連邦準備制度(FRS)

 

連邦準備制度はFRS (Federal Reserve System) の日本語訳ことで、アメリカの中央銀行制度を指揮する企業体のことを言います。

 

日本に国内の銀行を統括する日本銀行があるように、アメリカにはアメリカの銀行を統括する連邦準備制度(FRS)があるということですね。

 

連邦準備制度(FRS)はアメリカ国土の主要都市に点在する連邦準備銀行(FRB:Federal Reserve Banks) を統括する組織になります。

 

日本国内で連邦準備制度のことを話す際には、FRSとFRBは区別されずに話されることも多いので、このことは覚えておいたほうがよいかもしれません。

 

連邦準備制度(FRS)の主な業務は、日本銀行と同じく「公定歩合操作」「」「」などとなっています。連邦準備制度(FRS)でなされた意思決定は、アメリカ国内にとどまらず、世界中に影響を与えるほどのインパクトがあるので、連邦準備制度(FRS)の動向には常に世界中の注目があつまっています。

 

これも、やはりアメリカが世界No1の経済大国であり、ドルが基軸通貨となっているのが影響しています。

 

株式投資で資産運用を考えているのであれば、日本銀行の動向だけではなく、世界の中心ともいえる連邦準備制度の動向まで見守っておきたいですね。

 

用語集トップ