はじめに
はじめての株
株もっと詳しく
日本を知ろう!
資産運用って?
コラム
用語集
ヒデの株日記
株初心者みはるん コバンザメ資産運用
楽天証券
クリック証券

 

世界の通過の種類

 

ひとつの通貨で全ての資産を持つのは危険であると先程お話しました。
では世界にはどれくらいの通貨があるのでしょうか?

 

まず一番に思いつくのがアメリカのドル(USD)だと思います。アメリカのドル(米ドル)は世界の通過の中で一番の中心であるという意味から、基軸通貨と呼ばれており世界で一番信用がある通貨だとされています。

 

また、代表的なものでいうと、ヨーロッパ全域で流通するユーロ(EUR)、イギリスのポンド(GBP)、スイスのフラン(CHF)、オーストラリアのドル(AUD)、ニュージーランドのドル(NZD)などが有名です。

 

特にヨーロッパのユーロ(EUR)は米ドルに続く基軸通貨として期待されており、国際社会での重要度は年々増してきている期待の通過です。

 

もちろん、私たち日本人が日々使っている日本の円(JPY)だって立派な主要通貨です。

 

これからの発展が期待されている通貨としては、中国の元(CNY)、ロシアのルーブル(RUB)、ブラジルのレアル(BRL)などがあげられるでしょうか?

 

通貨の種類・数は日々変化しているので正確な数は分かりませんが、世界中では100以上の通貨が流通していると言われています。

世界の通貨

興味があるかたはこちらのサイトが面白いのでのぞいてみて下さい。
>>世界の通過

 

もちろん、世界全ての通貨について知っている必要もありませんし、全ての通貨に資産を分散させる必要もありません。

 

しかし、日本円だけですべての資産をもつのは危険です。

 

なぜならば、全ての通貨は通貨危機におちいる危険性をもっており、それは日本の円に限っても例外ではないためです。

 

資産運用や投資の技術が向上するにつれて、資産の配分を適宜変更していく必要があります。これこそが自分のしっかりと資産を守りつつ、積極的に運用をおこなっていくただひとつの方法です。

 

日本円だけでなく、世界の代表的な通貨である米ドル(USD)や第二の基軸通貨として期待されているユーロ(EUR)などに積極的に資産を配分するようにしましょう。

 

 

 

<< ひとつの通貨で全資産を持つリスクへ戻る          世界の金融市場へ進む >>