はじめに
はじめての株
株もっと詳しく
日本を知ろう!
資産運用って?
コラム
用語集
ヒデの株日記
株初心者みはるん コバンザメ資産運用
楽天証券
クリック証券

 

株価上昇で買い、下落で売り

 

初心者がもっともやりがちな株の売買の間違いが「株価が上昇している時に買い、下げている時に売る」という売買です。

 

株価上昇で買い、下落で売り

 

確かに株価が上がり続けていて、チャートが常に右肩上がりの時はあたかもその状況が永遠に続くかのごとく錯覚を起こしがちです。

 

しかし、もちろんそのようなことは無く、株価はいずれ下落をはじめます。経験者なら当然そのようなことは知っていることなのですが

 

初心者が注目したときには買いどきはとっくに過ぎているのです。

さらに悪いことに、初心者は一度株価が下落をしはじめても、なかなか損切りが出来ません。

「ここまで順調に株価があげてきたのだから、少し待てば元に戻るだろう」

そう思ってしまうのです。

 

ただ、そのように株価が戻ることはほとんど無く、含み損は増え続けていきます。こうして、塩漬け株の出来上がりという訳です。

 

会社の価値に目を向けず、チャートばかり追っているとこのような間違いを起こしがちです。

 

株式投資をするのであれば、少なくともPERやBPSと言った、株価が割高かどうかを調べる指標について学び、投資するに値する企業であるかを常に意識しながら売買をおこなうようにしましょう。