はじめに
はじめての株
株もっと詳しく
日本を知ろう!
資産運用って?
コラム
用語集
ヒデの株日記
株初心者みはるん コバンザメ資産運用
楽天証券
クリック証券

 

公定歩合

 

公定歩合とは、市中の銀行が、「銀行の銀行」である日本銀行からお金を借りる際のお金の貸出金利のことを言います。

 

今まで、銀行はなんであんなにたくさんのお金を貸し出すことが出来るのか疑問に思ったことはありませんでしたか?

 

銀行は企業や一般の一個人に貸し出すお金の大部分の国の銀行である日本銀行から借りていたのです。

 

公定歩合が下がると、市中の銀行がお金を借りる金利が下がるので、市中銀行から企業や個人へ貸し出す金利も下がります。金利が下がれば、お金を借りる人も増えます。

公定歩合

そのため、公定歩合は「景気が悪い時」に下がる傾向にあります。

 

反対に、景気が良い時は公定歩合が上がります。公定歩合があがると、さっきの場合とまったく逆のパターンになるのですが、市中銀行への貸出金利が上がるので、当然のことながら、市中銀行から企業や個人への貸出金利も上がります。

 

金利が上がるとお金を借りる人が減るので、経済全体へ出るお金の量も減ることになります。公定歩合の引き上げは「景気が非常に良い時」に実施されます。

 

景気が良いのをそのまま放置するとバブルの発生等につながるので、公定歩合の引き締めによって経済の過熱を防ぐためです。

 

銀行への貸出金利にも注目するようにしましょう。