第5回 投資に有利なのはプロ?アマ?

 

 

自分のペースでいいのです例えば、株式投資をする場合、プロアマチュアではどちらの環境が有利だといえるでしょうか?

 

普通に考えると、情報の鮮度・量・質、売買の環境等からプロのほうが有利に感じられるかもしれません。

 

確かに上記の条件のみ考えればプロのほうが有利かもしれません。

 

しかし、実際の取引を考えるとそうでもないことが分かります。

 

まず、第一にプロは常に取引を続けなくてはならないという欠点があります。
他人のお金を預かっている以上、何も株を保有しない期間が作れないのです。

 

相場が悪い時(株価が下がり続けている時)でも、株をもち続けなくてはならないのは非常に大きなリスクです。

 

減り続ける自分の資産をずっと見守ることしかできないのは結構苦痛ですからね。

 

その点、アマチュアは自分で株を持ちたくないと思えば全て現金化することができますので、最悪の局面を株を保有せずに迎えられるのです。

 

基本的に株価は一度落ちきってしまえば、あとは上がるのみですから、株価が上昇し始めたら新たに株を買えばよいでしょう。

 

一方、プロは出資している人がいる以上、常になんらかのポジションを持たないといけないため、相場が下落している局面でも株を持ち続けなければいけません。

 

私は中長期の保有を基本として投資活動をするのであれば、プロよりもアマチュアのほうがメリットが高いのではないかと考えています。