第8回 人生で一番大きい出費は?

 

大きな出費はこたえる

人生で一番大きい出費ってなんでしょう?

 

普通に考えたらマイホームと考えます。 確かに、人よってはマイホームになる人もいるでしょう。

 

しかし、ほとんどの人にとって一番大きい出費は異なります。そして、その出費はほとんどの人が同じものです。

 


普段意識しないけれど、生涯において最大の出費。何だかわかりますか?

答えは「税金」と「社会保険料」です。

 

私たちは普段からありとあらゆる税金を支払っています。

 

消費税、自動車税、贈与税、相続税、住民税、 相続税、固定資産税など、あげればきりがありません。

 

普通のサラリーマンならば、給料から知らない間に引かれている所得税や地方税、年金や健康保険料の金額は馬鹿になりません。

 

何せ、知らない間に引かれているのですから・・・。

 

一般的なサラリーマンの生涯年収は2億円~3億円と言われています。仮に生涯年収を3億円だと仮定すると、先ほどあげた給料から勝手に引かれる分だけでも6000万円にも達するといわれています。

 

自営業の人は節税対策を取ることが可能なので、2000万円~3000万円程度だと言われていますが、そうであってもかなりの額であることは間違いありません。

 

社会保険料は自分が病院にかかった時に間接的に戻ってきますが、これで元を取れる人はほとんどいません。

 

国民のことなどちっとも考えてくれない国に対しての支払が一番多いなんて、少しさみしいですね。